子供たちへの思い

 ますますグローバル化していく世界、ますます進む国際化社会の中にあって、これからの私たちは、日本の子供たちはどうあるべきなのでしょうか。

 私たちが私たちであり続けるためには、私たち自身をもっと見つめ、理解し、今よりもっともっと発信力を持って行かなくてはならないでしょう。また、今以上に斬新な創造力と独創性をもち、発信力に富んだ子供たちを育てていかなくてはなりません。

 きちんとしたことはあえて言わなくても大抵のことは済んでいた日本社会の古き良き?伝統に育った私たち。そうした枠から抜け出すことも必要になってきたのではないでしょうか。

 

 ステップワールドLL大島教室 英語教室では子供たちの話そうとする気持ち、伝えようとする気持ちを大切に、「聞く」「話す(やり取り、発表)」「読む」「書く」の英語の4つの技能をバランスよく育て、発信力を持った子供たちを育ててまいります。

(右の写真は一年目4歳児の授業風景です。ピクチャーカードを使ってカードの仲間分けをしているところです。お一人のクラスでしたので、マンツーマンで進めております。参観されているお母さまから撮って頂きました。)

 

 また、数学教室では、一対一対応の個別指導を通じて、子供たちの数量的感覚、ものごとをすじみちを立てて考える力、説明できる力(数学的論理的思考力)を育ててまいります。

 数学もまた数字や数式などを介した世界共通のコミュニケーション手段の一つと考えております。